あなたの顔太りはどのタイプ?原因に合ったやり方で憧れの小顔を手に入れる!

『小顔になりたい!』、『アゴのたるみをどうにかしたい!』という思いから、日々、努力を重ねている方も多いはず。

テレビや雑誌などで、『小顔』特集を組んだりしているのをよく見かけますが、種類がありすぎて、正直、どれが効くの?と迷う人もいるかと思います。

『顔太り』には大きくわけて5つのタイプがあります。

下記に挙げるタイプの中で、最も自分に当てはまると感じたものがあなたの顔太りのタイプです。

『太った』『痩せた』の印象を左右するフェイスライン。

ボディとは違い、服で隠せない場所だからこそ、顔太りのタイプを知って、自分に合ったケアをすることが、小顔になる一番の近道です。

【あなたの顔太りはどのタイプ?】

1.脂肪太りタイプ
  平均体重よりも重い。
  または体重増加に伴い肥大化してきた。

2.むくみタイプ
  朝起きた時に、顔が腫れぼったく感じる。

3.筋肉たるみタイプ
  フェイスラインをはじめとした顔全体が
  たるんでいる。
  または毛穴が目立ってきた。

4.固太りタイプ
  エラ張りが気になり、フェイスラインが
  ゴリゴリとした感じがある。

5.骨格ゆがみタイプ
  眉や目の位置が左右で違っていたり
  ほうれい線の長さが違う。

タイプがわかったら、自分に合った効果的な対策を実践していきましょう。

【脂肪太りタイプ】

このタイプの特徴
・普段、運動をしない
・食べる事が好き
・体が太り気味

単に体の肥大化とともに、顔にも脂肪が付いてしまっている状態です。

マッサージをしてもあまり効果はなく、食事や運動による脂肪燃焼が小顔への近道となります。

脂肪燃焼効果のある食材は、レバー、ゴーヤ、イワシ、サケ、マグロ、グレープフルーツ、しょうが、唐辛子など。飲み物では緑茶、コーヒーです。

ただし、どれも食べ過ぎ飲み過ぎは逆効果ですので、バランス良く摂取しつつ、適度な有酸素運動をするのが効果的です。

【むくみタイプ】

このタイプの特徴
・アルコールをよく摂取する
・塩分の強い食べ物が好き
・冷え性

朝起きた時に、まぶたや顔全体が腫れぼったいと感じるなら、老廃物や水分などの余分なものが顔に溜まっている状態です。

顔のマッサージや、ストレッチなどで体のコリをほぐし、血液やリンパ液の流れを良くしてあげる事が大切です。

蒸しタオルを顔に乗せて、温めるのも効果的。血行を良くする事で余分な水分や老廃物が排出されやすくなります。

温めるだけでも効果はありますが、蒸しタオルで温めた後に、冷たいタオルで冷やすと、毛穴や顔の引き締めにも繋がるので、より小顔への近道となります。

また、塩分の排出を促すカリウムを摂取する事を心がけましょう。

カリウムの多い食材は、バナナ、アボカド、きゅうり、ほうれん草、煮干し、海苔、ひじき、芋類、豆類など。

【筋肉たるみタイプ】

このタイプの特徴
・口数が少ない
・あまり噛まずに、食べ物を食べる
・表情が乏しい

口や目元を支える筋肉が衰え、顔全体がたるんでしまっている状態です。

加齢が主な原因ですが、年代に関わらず、喜怒哀楽の表情に乏しい人や、よく噛まずに食べ物を食べるなど顔の筋肉をあまり使わないと、重力に負けて下垂していきます。

顔がたるんでしまうと、シワの原因にもなってしまいますので、表情筋を意識的に動かし、筋肉を鍛える事が大切です。

舌を出して上下左右で10秒ほどキープしたり、口を閉じて頬の内側をなぞるように舌回しをすると、締まりのある口元が作れます。

舌を鍛える事で、二重アゴの解消や、口臭予防など、様々な相乗効果が得られますので、空いた時間に無理のない程度に動かしていきましょう。

【固太りタイプ】

このタイプの特徴
・寝ている時に歯ぎしりをする
・噛み合わせが悪い
・歯を食いしばる癖がある

歯ぎしりや食いしばりなどで、顔の筋肉が凝り固まって輪郭が肥大化してしまっている状態です。

表情筋をほぐしてあげる事が効果的ですが、ストレスが原因の場合もあるので、好きな音楽を聴いたり、軽く運動するなど、心身ともにリラックスできるよう心がけましょう。

また、抗酸化作用の強い「ビタミンE」は、筋肉を柔らかくするだけでなく、アンチエイジング効果もありますので、ビタミンEを多く含む、せん茶、唐辛子、植物油、ナッツ類を毎日の食事に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

【骨格ゆがみタイプ】

このタイプの特徴
・姿勢が悪い
・片側でばかりものを噛む
・足を組むことが多い
・バッグをどちらか片方で持つ事が多い

鏡を見て、目や眉の高さ、口角の高さが左右対称でない場合がこのタイプです。

日常の様々な癖が原因で骨格が歪んでしまい、顔が太って見える状態なので、骨格を矯正していく必要があります。

【顔のゆがみを改善するストレッチを1つご紹介】
 1.こめかみに指を当て、両手のひら全体で顔を
  包むようにします。
 2.その状態で口を10回大きく開きます。
 3.次に同じ状態で口を「いー」と横に20回開きます。

これを毎日繰り返してあげることで、顔の筋肉をほぐすことができ、次第に顔の歪みが改善されていきます。

また、体の歪みが顔の歪みに繋がっていることも多く、他の部位のマッサージやストレッチを行うことで顔の歪みが矯正できることも多いと言われています。

整体や整骨院などで矯正してもらうというのも一つの方法ですが、先ずは普段の姿勢を正し、体の歪みを徐々に矯正していくことが大切です。

『足を組まない』、『頬杖をつかない』、『バッグは同じ側ばかりで持たないようにする』など、出来る事から始めてみましょう。

まとめ

以上、5つのタイプ別に改善方法をご紹介しましたが、どれも地道な努力が必要で、自分一人では、なかなかうまく出来るものでもありません。

そんな貴方に、自分自身が『エステティシャンになる!』という手もあります。小顔も手に入れて、職もゲット出来る。

そんなエステティシャンの求人はこちら↓↓↓


    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る