5つの雇用形態から考える『自分に合った働き方』とは?

みなさんは「働き方」について考えたことはありますか?
多くの人が何かしらの仕事をしながら生活をしています。
でも、どんな働き方の種類があって、そのメリットやデメリットはどんなことがあるのかについては、意外と知らないこともあるのかなと思います。
そこで、今回は色々な働き方の種類とその特徴などをまとめてみました。

働く人の主な雇用形態は下記の5パターンです。
・正社員
・パート/アルバイト
・派遣社員
・契約社員
・業務委託

正社員

『正社員』は長期雇用を前提とした働き方で、一般的に社会保険が完備されており、会社によっては住宅手当、育児支援、資格手当など、手厚い福利厚生を受けることができます。

安定した収入が保証されており、社会的な信用が得られやすいのが特徴。

住宅ローンを組む場合やクレジットカードの審査も通りやすくなっています。


企業にもよりますが教育支援や研修制度を受けられ、責任のある仕事を任される機会や成長できるチャンスが多いので、スキルアップしたいという人にオススメです。

パート/アルバイト

『パート/アルバイト』は勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給で計算する給与形態が一般的です。

原則、社会保険や有給休暇がありますが、勤務条件が個々に異なる為、勤務日数によっては適用されない場合もあります。

勤務日数や時間にある程度融通が利くため、育児や介護中の方、仕事とプライベートを両立させたい方など、ライフスタイルに合わせて働きやすい雇用形態です。

派遣社員

『派遣社員』とは、働く人が派遣会社と契約をし、依頼先の企業に派遣されます。

派遣会社に雇われるので、給料は派遣会社から支払われますが、業務の内容については就業先の企業から指示を受けます。

派遣社員の主な雇用形態は、下記の2通り。

【一般派遣】

通常「派遣社員」と呼ばれているのはこの一般派遣で、派遣会社に事前に勤務可能な時間や業務内容などを伝えておくと、自分にあった就業先を紹介してもらえるので、メリットとしては、ある程度決まった条件で働けることです。

また契約内容や、就業先との間にトラブルがあった場合などは、派遣会社の担当者が間に立って交渉してくれます。

時間や期間を決めて働きたい人、いろいろな経験を積みたい人にオススメです。


【紹介予定派遣】

『紹介予定派遣』とは、派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方が合意した場合、正社員(または契約社員)となる働き方です。

就業期間中に互いを見極めることができ「自分に合った会社で働きたい」派遣スタッフと、「良いスタッフを採用したい」派遣先企業双方にメリットがりあります。

近年では正社員として働ける可能性が大きいことが魅力で、派遣会社に登録する際の雇用形態を「紹介予定派遣」のみで希望する方も多くなってきています。

契約社員

『契約社員』とは、期間の区切られた働き方で、個別に給与や勤務時間を契約する雇用形態です。

契約期間は3年が上限で、雇用期間が終了すると退職となります。

双方の合意があれば再契約を結ぶことができます。

勤務日数によっては社会保険が適用されますが、福利厚生や待遇については契約次第になりますので、契約時に確認する必要があります。

自分が望んでも再契約できないこともあり、正社員より雇用が不安定となりますが、“将来独立したい”、“海外に留学したい”など、期間を区切った働き方をしたい人にオススメです。

業務委託

『業務委託』は<雇用>という形態ではなく、1対1の独立した事業主として『取引をする』という形式の働き方です。

参考例として、美容業界の『業務委託』と『面貸し』という2つの契約形態をご紹介します。

【業務委託】

『業務委託』はサロン側で店舗の運営・集客を行い、美容師が業務を委託される形でお客様の施術をし、その対価として売上の数パーセントを報酬として受け取ります。

還元率の相場は40〜50%です。


【面貸し】

『面貸し』は美容室のスペースを借りて営業するスタイルで、集客は自分で行います。

主な契約スタイルは下記の2通り。

♦ 時間、月額などに応じて場所をレンタルする「時間制」♦

時間や日、月単位でサロンの一部を借り、一定の使用料を支払うケース。

改装工事などでお店が使用できない場合や、独立までの期間など、短期間のみ契約する人が多く、自分のがんばり次第で高収入を得ることが可能なスタイルです。


♦ 売上に応じて一定の還元率で報酬を受け取る「歩合制」♦

カット代や、それにともなう売上の歩合給を受け取ります。このとき、歩合の相場は45%〜65%程度。売上の還元率が正社員よりも高めというメリットもあります。


独立したいけれど自分でお店を持つのはまだという人や、自分のライフスタイルに合わせて働きたい人に業務委託や面貸しはオススメですが、社会保険や有給休暇などもなく、確定申告も自分で行わなければならないのがデメリットでもあります。

まとめ

今回、5つの雇用形態を紹介しましたが、それぞれのメリットデメリットをよく把握して、自分に合った働き方を選びましょう。

入社してから、『自分の思っていた事と違った!』などという事が無いよう、面接の際に待遇をよく確認することも大切です。




    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る