医療事務の仕事内容とは?受付やレセプト業務の詳細と必要なスキル

病院やクリニックで受診をするとき、最初に対応してくれるのが医療事務のスタッフです。
医療を必要としている人が安心して診察を受けられるように、医師や看護師といった医療スタッフと患者さんの間に立って働いています。
では、医療事務は具体的にどのような仕事を担当しているのでしょうか。
今回は医療事務に興味がある人のために、主な仕事内容と必要なスキルについてご紹介します。


1)医療事務の仕事1:受付業務
2)医療事務の仕事2:レセプト業務
3)医療事務の仕事3:会計業務
4)医療事務の仕事に必要なスキル
5)医療事務はライフスタイルに合わせた働き方ができる

医療事務の仕事1:受付業務

医療事務は来院した患者さんに対して受付で一番に対応します。医療事務の受付業務について説明します


【受付】

病院に来た患者さんが最初に足を運ぶのが受付です。

受付では、来院した患者さんから保険証や診察券を預かり、初診であれば問診票に記入してもらってカルテを作成します。

再診の患者さんであれば、既存のカルテを用意し、保険に変更がないか確認します。

病院の規模によっては診療科ごとに受付を行っており、それを外来クラークといいます。

患者さんがスムーズに診察を行えるように医師・看護師と連携し、患者さんを診察室へ案内したり、カルテの準備や次の診察予約などを行ったりします。


【入退院受付】

入院施設のある病院では入退院受付も医療事務の仕事です。

病棟クラークといい、医師・看護師と連携しながら、入退院の手続きや入院患者のカルテ管理、面会者の受付などに対応しています。

入院が決まると、患者さんは医師が作成する「入院指示書」を受付に持参します。

「入院指示書」には、患者さんの基本情報、病状、入院の条件などが記載されているので、これを基に入院用のカルテを作り、入院の準備を進めていきます。

また、患者さんの希望を聞き、ベッドの空き状況や検査日程を確認するなどして入院日を調整します。

入院にかかる費用の説明や病室への案内なども医療事務の仕事です。

医師より「退院指示書」が出たら、患者さんが会計で精算した後、医療事務は「退院許可書」を渡します。

医療事務の仕事2:レセプト業務

医療事務のメインとなる仕事にレセプト業務があります。「診療報酬点数表」を基に診療報酬を割り出すもので、専門的な知識が必要とされる重要な仕事です


【レセプトとは?】

病院やクリニックで診察を受けた場合の医療費は、患者さん(被保険者)と保険者(地方自治体や組合など)が負担します。

レセプトは、「診療報酬明細書」とも呼ばれ、病院やクリニックなどの医療機関が保険者に保険診療の診察費を請求するために必要な明細書です。


【レセプト業務の内容】

レセプトを作成して保険者に診察費を請求する業務を「レセプト業務」または「診療報酬請求業務」といいます。

保険が適用される診療では、診察や検査の内容、病院の規模などに応じて診療報酬が点数化されています。

医療事務は、この点数をまとめた「診療報酬点数表」と患者さんのカルテを見ながら、診療報酬を算出します。

そのため、レセプト業務を担当する医療事務スタッフは、カルテの内容を理解する専門知識も必要です。

作成したレセプトは、審査支払機関である社会保険診療報酬支払基金や国民保険団体連合会へ期日までに提出します。

万が一レセプトに不備が見つかった場合は、差し戻しや減点となり、請求金額の支払いが遅れたり、減額になったりします。

このように、レセプト業務は医療事務の仕事の中でも専門的かつ重要な業務です。

医療事務の仕事3:会計業務

診察を終えた患者さんは会計で医療費を支払います。このとき医療費を計算し、会計を行うのも医療事務です


【患者さんの負担額を算出し、請求する】

会計業務は診察が終わった患者さんの医療費を計算する仕事です。

医療費は「会計カード」を基に計算をします。

「会計カード」とは、診察を担当した医師または看護師によって記載され、診療で使った医療機器や衛生材料、診察内容が書かれたカルテの控えのようなものです。

会計業務では、会計カードの情報から診療報酬点数表を使って患者さんの負担額を計算し、徴収します。

患者さんの負担額は、加入している保険の種類によって異なります。

会計窓口では患者さんから診療費や検査費用についての説明を求められる場合もあり、その場合は専門用語を使わず、患者さんの立場に立ってわかりやすく説明できることが大切です。


【処方箋の発行】

会計業務では薬を処方されている患者さんに処方箋を発行することもあります。

処方箋を渡す場合は、患者さんの名前と処方箋が合っているかを忘れずに確認します。

近くの調剤薬局や処方箋の有効期限を一緒に伝えるなど、細かい配慮も欠かせません。

会計業務では、金銭授受を事務的に行うのではなく、患者さんに優しく対応できるコミュニケーション能力も必要です。

また、患者さんを長く待たせないために、正確さと迅速さも求められます。

医療事務の仕事に必要なスキル

最後に、医療事務に求められるスキルや資格について説明します


【医療事務に求められる能力・スキル】

患者さんが医療機関に来院して最初に応対する医療事務は「病院の顔」ともいえる存在です。

受付の応対の仕方によって病院のイメージが左右されることもあるため、適切な対応力とコミュニケーション能力が求められます。

また、病院には体調不良やけがなどで毎日多くの患者さんが来院します。

患者さんや家族の気持ちを思いやり、不安にさせないように配慮することも医療事務に必要なスキルです。

患者さんのカルテ管理や診療報酬の計算、レセプトの作成や会計処理も行うため、細かい作業を正確に行える事務処理能力も大切です。

電子カルテや電子レセプトを導入している病院では、コンピューターを使って入力を行う機会があります。

医療事務として働くには、基本的なパソコンスキルやワード、エクセルといったオフィス系ソフトの使用経験も必須といえるでしょう。


【必要な資格は?】

医療事務は必要な資格が特にないため、未経験でも就職や転職ができる人気の職種ですが、業務に関わる資格を取得していると、採用時に優遇されたりスキルアップや昇給につながったりする可能性があります。

特に「診療報酬請求事務能力認定試験」は、レセプト業務をはじめ、医療事務に必要な知識や技術があることを証明できる資格です。

診療報酬に関することだけでなく、医療保険制度や医療用語、介護保険制度など幅広い知識がないと、合格は難しいでしょう。

そのほかにも、医療事務としてのコミュニケーション能力や知識などを審査する「医療事務技能審査試験(メディカル クラーク®)」や、医療保険制度や一般的な医学知識を理解しており、診療報酬の算定ができることなどを証明する「医科医療事務管理士®技能認定試験」があります。

資格取得を目指せる講座には、通学するタイプ、通信で受けられるタイプがありますので、自分のライフスタイルなどに合わせて勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

医療事務はライフスタイルに合わせた働き方ができる

医療事務は受付やカルテ管理、会計業務などを通じて、医療の現場で働くスタッフと患者さんの両方をサポートすることができる、やりがいのある仕事です。

「事務」という言葉が使われていますが、企業の一般事務とは異なり、専門知識が求められます。

未経験から目指すのであれば、民間資格の取得を通じて必要な知識を身に付けるのがおすすめです。

また、一度医療事務を経験し、医療の知識やレセプト業務のスキルを身に付けておけば、結婚や出産で職場を離れることがあっても、再就職しやすい職種でもあります。

正社員からパートまで幅広い雇用形態や勤務体系が用意されているので、ライフスタイルに合わせた働き方ができるでしょう。



    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る