ペットに関わる仕事がしたい!どんな仕事があるの?資格は必要?

ペットを飼っている人や動物が好きな人の中には、「ペットに関わる仕事をしてみたい」と考えたことがある人もいるでしょう。
ペットに関わる仕事で代表的なものといえば、トリマーやペットショップの店員、獣医師、ドッグトレーナーなどがあります。
それぞれどうすれば、その仕事に就けるのでしょうか。
この記事ではペット業界で働きたいと考えている人向けに、職業の種類、ペット関連の仕事に就く方法、そのためにかかる費用の目安などについてお伝えします。


1)ペットに関わるさまざまな職業
2)ペットに関わる仕事1:トリマー
3)ペットに関わる仕事2:獣医師・動物看護師
4)ペットに関わる仕事3:販売員・ペットシッター
5)ペットに関わる仕事4:ブリーダー・ドッグトレーナー
6)ペットに関わる職業で「好き」を仕事に!

ペットに関わるさまざまな職業

初めに、ペットに関わる職業にはどのようなものがあるのかを一通りご紹介します。


【トリマー】

ペットサロンなどのスタッフとして、ペットの美容全般に携わる職業です。

犬や猫の毛をカットしたり、ブラッシングしたりするほか、爪切りや耳掃除も行います。


【獣医師・動物看護師(動物看護士)】

獣医師は、動物病院で動物の診療に当たります。

動物看護師(動物看護士)は、獣医師が診療を行う際のサポートやペットのケア、病院の清掃などを担当します。


【ペットショップの販売員・ペットシッター】

ペットショップでペットの販売を行うのが販売員です。

ペットシッターは、ペットが飼われている家を訪問し、飼い主に代わって世話をするなどのサービスを提供します。


【ブリーダー・ドッグトレーナー】

ペットの育成や教育に携わる仕事です。

ペットの繁殖と飼育を専門にするブリーダーと、ペットとして飼われている犬のしつけを行うドッグトレーナーがあります。

ペットに関わる仕事1:トリマー

主にペットサロンで活躍するトリマーは、ペットの見た目を美しく整えるのが仕事です。国家資格はありませんが、認定資格を持っていると技術や知識の証明になるでしょう


【トリマーの仕事内容】

トリマーの仕事はひと言でいうとペットの美容師で、犬や猫などペットの美容全般に携わります。

トリミングでは、毛をカットしたり刈ったりして被毛のバランスを整えます。

そのほかには、ブラッシングやシャンプー、ドライヤーも行います。

見た目をきれいに整え、ダニやノミ、けがを防ぎ、清潔さを保てるようにします。

被毛を整える以外にも大事なケアが、爪切りなど爪の手入れ、耳掃除や皮膚の手入れです。

ペットの快適な暮らしと健康をサポートするために欠かせません。

トリマーが活躍する場所は、主にペットサロン(ペット専門美容室)とペットショップですが、動物病院やペットホテルから求人が出ることもあります。

店で経験を積み、独立開業する人も中にはいます。


【トリマーに必要な資格】

トリマーに国家資格はなく、民間団体が認定している資格があります。

トリマーを目指すなら、各団体が指定する専門学校や通信講座で学び、資格を取得するのが早道でしょう。

「一般社団法人日本ペット技能検定協会」トリマー

トリマー2級、トリマー1級、トリマー教師の3種類のライセンスを発行しています。

協会が指定するカリキュラムを修了すると、サロンでグルーミングを行えるレベルのトリマー2級を受験することが可能です。

ライセンスの交付にかかる料金は、トリマー2級と1級が1万2000円、トリマー教師が1万5000円です。


「一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)」公認トリマー

技術と経験により、C級、B級、A級、教士、師範という5つのグレードに分かれている公認資格です。

公認のトリマー養成機関に入学して養成機関会員となり、必要な課程を修了して卒業試験に合格するか、2年以上の会員歴を経て資格取得試験に合格すると、C級を取得できます。いずれの級も受験料は5300円です。


「一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)」トリマーペットスタイリスト

協会指定の認定教育機関などで教育訓練を受け、カリキュラムを全て修了し、試験に合格すれば資格を得ることができます。

受験料は5600円で、資格試験を在宅で受験できるのが特徴です。


【資格取得にかかる費用の目安】

専門学校

昼間部に通った場合、1年当たりにかかる学費の相場は100万円〜150万円くらいです。

ほかに教材費や研修費などが別途必要となる場合もあります。

夜間部の相場は、昼間部の半額程度が一般的です。


通信講座

講座の期間は半年間〜1年間程度で、教材一式で10万円〜30万円程度が相場です。

ペットに関わる仕事2:獣医師・動物看護師

動物病院でペットの命と健康を守るのが、獣医師と動物看護師です。獣医師になるには、国家資格が必要です


【獣医師の仕事内容】

動物病院でペットの診療に携わる獣医師を「小動物臨床獣医師」といいます。

犬や猫のほか、ウサギ、ハムスター、小鳥などの小動物を対象に診療を行い、けがや病気を治療するのが主な仕事です。


【獣医師に必要な資格】

獣医師になるためには、獣医学科のある大学で6年間勉強をした後、獣医師国家試験に合格して、獣医師免許を取得する必要があります。

2016年度に実施された第68回獣医師国家試験の受験料は1万3900円でした。

資格取得にかかる費用の目安

大学で初年度にかかる学費(入学金+年間授業料)の目安が、国公立で80万円〜110万円程度、私立で150万円〜250万円程度です。

2年次以降は学費が異なり、国公立大学はトータルで350万円〜470万円くらい、私立大学の場合は1100万円〜1400万円くらいかかるでしょう。


【動物看護師の仕事内容】

獣医師が行う診察や治療のサポートをするのが主な仕事です。飼い主の不安を受け止め、アドバイスすることも動物看護師の大切な役割です。

そのほか、受付、検査、手術の補助業務、入院している動物のケアや調剤、掃除など、動物病院の運営全般を手伝うこともあります。


【動物看護師に必要な資格】

動物看護師には特に必須の資格がなく、民間資格がいくつかあります。

中でも「一般財団法人動物看護師統一認定機構」の「認定動物看護師」という資格は、公的資格化を目指しています。

これまでばらばらに資格認定を行ってきた5つの団体が「動物看護師統一認定試験」を作り、2013年より実施しているものです。

この試験を受けるためには、認定機構が推奨するカリキュラムを受けられる大学や専門学校で指定の単位を取得する必要があります。

動物看護師統一試験の受験料は、2018年度実施分から1万5000円+消費税となっています(2017年3月現在)。2017年度に実施される試験の受験料は1万2360円です。

資格取得にかかる費用の目安(認定動物看護師の場合)

認定動物看護師の受験資格が得られる大学の初年度納付金は、130万円〜160万円ほどです。

専門学校の場合は、100万円〜150万円程度が初年度にかかります。

ペットに関わる仕事3:販売員・ペットシッター

ペットショップでペットの世話や接客を行う販売員と、飼い主の不在時にペットを預かるペットシッターについて、仕事内容と資格をご紹介します


【ペットショップ販売員の仕事内容と資格】

主な仕事は、接客、店内の清掃、販売するペットの世話やペット用品の管理などです。

商品のポップを作る、犬や猫の写真で店内を装飾するなどの仕事を受け持つこともあります。

また、お客さまに対して、ペットの飼い方や健康に関するアドバイスを行うことも、販売員の大切な仕事です。

販売員になるために必要な資格はないので、アルバイトなどでも関わりやすい仕事といえます。


【ペットシッターの仕事内容と資格】

主な仕事は、飼い主が不在となる間に自宅を訪問し、散歩などペットの世話をすることです。

ペットホテルの場合はお客さまにペットを連れてきてもらいますが、ペットシッターは自ら出向きます。

ペットシッターとして働くために必要な資格は特にないものの、「特定非営利活動法人日本ペットシッター協会」が認定する「ペットシッター士」などの民間資格があります。

協会が提供する通信講座、通学コース、カルチャースクール講習のいずれかで取得できるので、取っておくとお客さまの信頼にもつながるでしょう。

なお、開業するには「動物取扱責任者」の要件を満たし、「第一種動物取扱業」に登録申請する必要があります。

資格取得にかかる費用(ペットシッター士の場合)

通信講座(最長6カ月間)で約5万円、通学コース(6日間)で約9万円、カルチャー講習(自宅学習+講習会2日間)で約6万円がかかります。

ペットに関わる仕事4:ブリーダー・ドッグトレーナー

最後にペットの繁殖と飼育、流通に携わるブリーダーと、犬のしつけを専門にするドッグトレーナーについてご説明します

【ブリーダーの仕事内容と資格】

ブリーダーは、ペットの交配と繁殖、流通を手掛ける職業です。

動物の健康管理や飼育に関する知識が必要とされます。

ブリーダーになるために必須の資格はありませんが、専門学校や通信講座で知識を身に付けておくと、お客さまからの信頼獲得にもつながるでしょう。

なお、繁殖した動物の販売を行う場合は、都道府県に「第一種動物取扱業」の届け出をする必要があります。


【ドッグトレーナーの仕事内容と資格】

ペットとして飼われている犬を預かり、人間と良い関係が築けるように専用の施設でしつけやマナー教育を行う職業がドッグトレーナーです。

警察犬や盲導犬の訓練士と混同されがちですが、対象となる犬の種類もトレーニングする内容も異なります。

ドッグトレーナーになるのに国家資格は必要なく、認定資格があります。

そのうちの一つが「一般社団法人日本ドッグトレーナー協会(JDTA)」のドッグトレーナーライセンスで、ドッグトレーナーD級ライセンス、C級ライセンス、B級ライセンス、A級ライセンスの4段階があります。

基礎知識を習得しているレベルのドッグトレーナーD級ライセンスの場合、協会が行う通信講座を受講し、全8回の添削を終えると取得が可能です。

資格取得にかかる費用(ドッグトレーナーライセンスの場合)

<通学コース>

週に1回のペースで6カ月間通って学ぶプロコースの場合、修了テストのスコアによって、ドッグトレーナーA級ライセンス、またはB級ライセンスのどちらかを取得できます。

かかる費用は、入学金と受講料で約100万円です。


<通信講座>

日本ドッグトレーナー協会の「ドッグトレーナー養成通信講座」で学ぶこともでき、添削課題すべてを出すと、ドッグトレーナーD級ライセンスを取得できます。

取得までに要する期間は一般的に8カ月で、かかる費用は約21万円です。

さらに上のライセンスを取得するには級ごとに定められた条件があり、別途費用がかかります。

ペットに関わる職業で「好き」を仕事に!

トリマーやペットショップの販売員、獣医師、動物看護師、ドッグトレーナーなど、ペットに関わる仕事はバラエティ豊かです。

国家資格である獣医師を目指すなら、まずは大学受験が目標です。

もちろん獣医師以外の職業でも、資格があれば、お客さまからの信頼度アップにつながり、求人に応募する際も有利にはたらくことがあるでしょう。

自分に合う職業がどれかを検討しながら、大好きなペットに関わる仕事を夢見て、ぜひ一歩を踏み出してくださいね。


    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る