「ケアマネージャー」は介護現場の司令塔もしくは調整役といえる重要な職業です。
略して「ケアマネ」と呼ばれることもあります。
ケアマネージャーになるには試験に合格した後、研修を受講し修了する必要があります。
ケアマネージャー試験の受験資格は2015年に改定されました。
ここでは、ケアマネージャーに興味のある人を対象に、ケアマネージャーになる方法や仕事内容、受験資格の動向についてご説明します。


1)ケアマネージャーとはどんな職業か
2)ケアマネージャーになるには
3)ケアマネージャー試験の受験資格
4)ケアマネージャーの資格を取ってキャリアアップしよう!

ケアマネージャーとはどんな職業か

ケアマネージャーの役割は、介護の全般において介護サービスの事業者や専門職らと連携・調整し、利用者に適切なサービスを届けることです


【正式名称は「介護支援専門員」】

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」で、介護を専門とする公的資格です。

福祉・保健・医療の分野で実務経験のある人が、ケアマネージャーの試験を受験することができます。

そのため、ケアマネージャー自体は国家資格ではなく公的資格ですが、この資格を持っている人は介護現場に求められる知識や能力、経験を十分に備えた人材であるといえるでしょう。


【仕事内容】

ケアマネージャーの仕事には、高齢者の介護相談、ケアプランの作成、書類作成代行、健康状態やサービスのモニタリングなどがあります。

高齢者の介護相談では、本人や家族の相談に乗ったり、状況に応じて適切な介護サービスが受けられるよう手助けを行ったりします。

介護サービスを希望する場合は、要介護認定の度合いを調査するために調査員が希望者の自宅を訪問しますが、この調査もケアマネージャーの仕事の一つです。

ケアプランの作成では、要介護区分に応じた介護サービスについて事業者などと調整し、サービスの説明やスケジュール表などを作ります。

施設での介護を希望する場合はケアマネージャーが施設の選定にも携わります。

要介護認定申請に必要な申請書の作成や、ケアプランでプランニングした介護サービスを利用するに当たって必要な手続きを代行するのもケアマネージャーです。

介護サービスが実施された後、ケアマネージャーは利用者の健康状態やサービスについてモニタリングします。

必要に応じてプランの変更・改善を行うのも仕事です。

ケアマネージャーになるには

介護専門員資格登録簿への登録が必要です。試験を受けるまで、そして、試験に合格した後に研修があります。具体的な流れを説明しましょう


【介護支援専門員実務研修受講試験を受ける】

ケアマネージャーになるには、実務研修の受講が必要ですが、その前にまず実務研修を受講するための「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが条件です。

試験は国が提示した内容により、都道府県が実施します。

介護支援専門員実務研修受講試験を受験するには、必要な資格や実務経験があります。

2015年の試験からは制度改定により受験資格に変更がありました。

それら必要な資格や実務経験については次の項目で詳しく説明します。

試験は年に1回、毎年10月頃に実施されます。6月上旬から1カ月程度、都道府県で申し込みを受け付けています。

問題は介護支援分野が25問、保健医療福祉サービス分野が35問あり合計で60問、試験時間は120分です。

出題形式は5つの選択肢から答えを2つないし3つ選ぶ五肢複択方式で、マークシートで解答します。

配点は1問1点です。合格ラインは介護支援分野と保健医療福祉サービス分野それぞれ70%の正解率が基準で、問題の難易度により補正されます。

2014年までは、たとえば医師なら医療関係の設問20問について解答を免除される「解答免除」という規定がありましたが、2015年からはすべて廃止されています。


【試験に合格後、研修を受ける】

試験に合格すると、介護支援専門員実務研修を受講できます。

講義や演習などの実務研修は2016年から87時間以上が要件となり、全日程を修了する必要があります。

研修の受講は有料です。各都道府県のWebサイトで日程や場所などとともに、料金を確認しておくと良いでしょう。

実務研修修了後3カ月以内に各都道府県の介護専門員資格登録簿に登録すると、介護支援専門員証の交付を受けられます。

それでようやくケアマネージャーとして働くことができるようになります。

なお、介護支援専門員証は5年更新制ですので、更新時にはあらためて合計88時間にわたる研修の受講が必要です。

ケアマネージャー試験の受験資格

2015年に変更された介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格について、変更前と変更後の違いをご説明します


【2018年以降に試験を受ける場合の受験資格】

介護支援専門員実務研修受講試験(以下、わかりやすくケアマネージャー試験と記します)の受験資格は、2015年から対象が絞り込まれました。

ケアマネージャー試験を受験するには、法定資格を取得して業務に就いた期間および相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上あり、さらに当該事業に従事した日数が900日以上であることが要件です。

実務経験の日数は試験の前日までに満たしていれば大丈夫で、申し込みの際には実務経験証明書が必要となります。

いずれの場合も教育業務や研究業務、事務、営業などは実務経験として認められません。

理由は、サポートが必要な人に対する直接的な援助業務ではないと見なされているからです。

対象となる法定資格と相談援助業務は以下の通りです。

法定資格の実務経験

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士が対象です。

これらのいずれかを取得し、資格に基づく業務に就いていることが条件です。


相談援助業務

特定施設入居者生活介護および介護老人福祉施設(それぞれ地域密着型を含む)の生活相談員、介護老人保健施設の支援相談員、障害者総合支援法に規定する計画相談支援の相談支援専門員、児童福祉法に規定する障害児相談支援の相談支援専門員、生活困窮者自立支援法に規定する事業の従事者(主任相談支援員)、いずれかの実務経験が必要です。

2015年に受験資格が変更になりましたが、その前後で、法定資格の対象に変更はありません。

それ以外に対象となる業務内容は変更前に比べて少なくなり、社会福祉主事任用資格者や介護職員初任者研修または実務者研修修了者による介護等業務の実務経験などは対象外になりました。


【2017年10月の試験までは改正前の受験資格も適用】

猶予期間として、2017年に実施される試験までは変更前の受験資格要件で受験できるようになっています。

たとえば、直近で介護福祉士の資格を取得し実務経験が浅い人でも、それ以前に介護職員初任者研修と実務者研修(旧ホームヘルパー2級と1級も該当します)を修了していて、実務経験機関が介護福祉士の期間と通算して5年以上あり、なおかつ900日以上従事していれば、2017年に限ってケアマネージャー試験を受験することができます。

2017年に受験しなかった場合、2018年からは介護福祉士の資格取得後以降の実務経験年数しかカウントされません。

その場合、介護福祉士として5年以上活動し、当該業務で900日以上従事すると、ケアマネージャー試験の受験が可能になります。

変更前の受験資格要件で受験できる2017年のケアマネージャー試験は、条件が合えばキャリアアップのチャンスです。

受験資格を満たしている人は、積極的に受験することをおすすめします。

ケアマネージャーの資格を取ってキャリアアップしよう!

ケアマネージャーは、福祉や保健、医療の分野で培ったキャリアを生かせる資格です。

施設の活用や在宅介護など、さまざまな局面で介護サービスの供給側と利用者をつなぐ調整役が必要になってきています。

超高齢化社会を迎えていることもあり、ケアマネージャーという職業への期待と需要は、ますます高まることでしょう。

試験の受験資格の変更は、各種の専門職や実務経験者の中からケアマネージャーを養成しようとする考えの表れです。

これを機に自身の資格やキャリアと照らし合わせ、ケアマネージャーとしてキャリアアップすることを検討してみてはいかがでしょうか。


    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る