医療事務の志望動機のポイント|例文でコツをつかんで面接準備!

この記事は、医療事務を志望している人が対象です。
医療事務とは医療機関の受付で来院した患者さんに対応したり、書類作成を行ったりする職業で、未経験でもスタートでき、人気の高い仕事の一つです。
医療事務に応募して書類選考を通過すると面接を受けることになりますが、面接の際に必ず聞かれるのが志望動機です。
医療事務の志望動機、きちんと答えられますか?今回は医療事務の経験者と未経験者それぞれの場合について、面接官の心に響く志望動機の伝え方をご紹介します。

1)志望動機を考えるときのポイント
2)医療事務経験者の場合
3)医療事務未経験者の場合
4)経験とスキルをアピールするオリジナルな志望動機を

志望動機を考えるときのポイント

患者さんの受付対応をはじめ、会計やレセプト業務、カルテ管理などを行う医療事務。ここでは、医療事務の志望動機を考えるときのポイントを解説します

【志望先の病院について調べる】

医療事務の志望動機を考える場合には、まず志望している病院について調べ、病院のことを理解しておく必要があります。

各病院のホームページにある経営理念や方針、取り組みなどを参考にすると良いでしょう。

その病院ならではの良さや強みがわかると、志望動機につなげやすくなります。

おすすめなのが、志望している病院に実際に足を運ぶことです。

病院の設備はどうなっているか、スタッフの患者さんとの接し方はどうか、といったことが実際にわかります。

病院の雰囲気を知ることで、自分が勤務したときのイメージもわいてきます。


【自分の過去の経験を整理する】

未経験者の場合は、これまでの仕事で取り組んできたことを振り返り、医療事務の仕事で活かせる経験は何があるのかを、考えます。

経験者の場合は、業務経験や知識以外にも即戦力としてアピールできる経験がないか、これまでの仕事を振り返ってみましょう。


【未経験者は医療事務の仕事内容について学ぶ】

実務の未経験者は、医療事務の仕事内容について詳しく知っておくことも大切です。

仕事のどの部分に魅力を感じ、なぜ医療事務として働きたいと思ったのかなど、志望動機をしっかり話せるように準備しておきましょう。

医療事務には必須の資格がなく、民間資格があります。

もちろん資格がなくても働くことはできますし、資格を持っていることで必ず就職につながるわけではありません。

ただ、通信教育やスクールで学び、資格取得を目指せば、医療事務についての知識が身に付きます。

医療事務未経験の人は、民間資格の取得を検討してみましょう。


【自分の過去の経験を整理する】

志望する病院でどう働きたいのか、どのようにスキルアップしていきたいのかなど、自分のキャリアプランについても考えてみてください。

面接のときに具体的なキャリアプランを話せると、「長く働きたい」という気持ちを伝えることができます。

医療事務経験者の場合

医療事務経験者の志望動機は、これまでの実務経験を活かしたアピールが効果的です。面接で志望動機を答えるときの回答時間は大体1分。面接で回答することを想定した例文をご紹介します

【医療事務経験者の志望動機のポイント】

志望動機を答えるときは、「なぜこの病院を志望したか」という結論から話すのがポイントです。

それに続けて、「実際にその病院で働くことになったら何をしたいか」「自分の過去の経験で活かせること」などについて話すと良いでしょう。

2つのパターンで例文を挙げますので、参考にしてみてください。


前職の科での経験をアピールする場合

私が御院を志望した理由は、丁寧な医療サービスの提供によって、子供にも大人にも親身で安心・安全な医療サービスを行っているところに共感したためです。

前職では3年間、一般皮膚科の病院に医療事務として勤務していました。

子供のじんましんやアトピーなどの症状で来院される親子も多く、お子さんも親御さんも不安にさせない受付対応を心掛けていました。

子供の病気に特化している御院でも、お子さんと親御さんに安心してご利用いただける病院の雰囲気づくりを行い、「患者さまとご家族を不安にさせない受付対応」をしていきたいです。

また、前職では医療事務スタッフをまとめるリーダーの役割に就いていた経験もあり、即戦力として活躍できると考えております。


総合病院を辞めて小さなクリニックを受ける場合の例

創業以来、患者さまを第一に考えた地域密着型の医療サービスを提供している御院であれば、医療事務として患者さまのことを密に支えることができると考え、志望しました。

前職では3年間、総合病院の受付で医療事務として勤務しておりました。

1日に来院される患者さまの数が多く、迅速なカルテ入力や会計処理ができるようになった一方で、もっと親身になって患者さまに対応したいと思うようになりました。

長年地元の方々に支持されている御院は、スタッフの方の患者さまへの対応も親身であり、話しやすい雰囲気をつくっていると感じました。

前職で培った迅速な事務処理能力を活かしながら、患者さまの立場に立った受付対応を行い、地域医療に貢献したいです。

医療事務未経験者の場合

医療事務未経験者の場合、仕事に対する熱意や、なぜ医療事務に興味を持ったのかなどを伝えることが大切です。経験者の場合と同様に、1分間で回答することを想定して例を取り上げます

【医療事務未経験者の志望動機のポイント】

医療事務未経験者の場合も、「なぜ医療事務を志望したか」という結論を最初に伝えます。

一般事務や他業種の受付業務などではなく、なぜ医療事務を選んだのか、数ある病院やクリニックの中でもその病院を志望する理由などを突き詰めて考えると良いでしょう。

これまで従事してきた仕事の中で、医療事務の業務で活かすことができる経験や身に付けた能力、得意な業務についても伝えましょう。

中でも接客業に就いていた人は、お客さまを接客してきた経験を強みとしてアピールすることができます。

また、「その病院で働くことになったら何をしたいか」というキャリアプランや、「資格を取得した」「自主的に勉強している」など、経験のなさを補うために努力していることを伝えるのも、熱意を示すのに効果的です。

今回は医療事務未経験者の中でも接客業を経験している人の場合と、接客業未経験の人の場合で回答例を挙げます。


接客業経験者の場合

私が医療事務を志望する理由は、来院された患者さまと最初に接する存在として、患者さまの不安を和らげ、安心して診察を受けていただく手助けをしたいからです。

御院については、昨年子供の急な高熱で駆け込んだところ、受付の方に迅速に対応してもらい、安心した経験があります。

これまでの接客業では、いつも笑顔で接することと、お客さまが何を望んでいるのかを察する力が身に付きました。

あらゆる年代の方とコミュニケーションを取ることが得意なので、日々多くの患者さまが来院される御院でも、接客業での経験と自身の能力を発揮できると考えております。

医療事務の経験はありませんが、現在は通信教育で医療事務講座を受講し、資格取得を目指しています。


接客業未経験者の場合

人の健康や命に関わる業務を行う方々のサポートを行い、スタッフの一員として患者さまに貢献できる仕事をしたいと思い、志望いたしました。

以前インフルエンザにかかり御院を利用した際、受付スタッフの方に温かく対応していただき、御院の「アットホームな医療」に感動した経験があり、医療事務の仕事に就くなら御院で働きたいと思うようになりました。

前職の衣料メーカーでは5年間事務をしていたため、パソコンスキルには自信があります。

また、表に立ってお客さまと接する立場ではなかったものの、来客時や電話では丁寧な対応を心掛けていました。

その経験を活かし、御院で働く際も、患者さまにとって心地よい雰囲気づくりをしていきたいです。

経験とスキルをアピールするオリジナルな志望動機を

医療事務の志望動機は、「なぜその病院で働きたいのか」「なぜ医療事務の仕事をしたいのか」について突き詰めて考えることが大切です。

その上で、経験者の場合は、これまで実務を通じて得た経験やスキルを即戦力として活かせることをアピールしましょう。

未経験者の場合は、前職のどのような経験を医療事務の仕事に活かせるのか、という点がポイントです。

医療事務の仕事では、あらゆるタイプの患者さんに対応する能力や事務処理能力が求められます。

た、他のスタッフとのコミュニケーション能力も必要です。

今回ご紹介した例文を参考に、自分自身のオリジナルな志望動機を考えて、面接に臨んでください。



    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る