5つの雇用形態から考える『自分に合った働き方』とは?

みなさんは「働き方」について考えたことはありますか?
多くの人が何かしらの仕事をしながら生活をしています。
でも、どんな働き方の種類があって、そのメリットやデメリットはどんなことがあるのかについては、意外と知らないこともあるのかなと思います。
そこで、今回は色々な働き方の種類とその特徴などをまとめてみました。




美容師はファッションセンスも大事!

日々の仕事でヘアスタイルやファッションに悩んだ経験はありませんか?
お店で働いている美容師のファッションは、お客様が美容室を決める際のポイントにもなることがあります。素敵な美容師がいれば、お客様は憧れたり、「あの美容師さんに担当してもらいたい」という気持ちになったりするものです。
接客業なので身だしなみに気を使うのは大前提ではありますが、より多くのお客様に来店してもらって指名してもらうためにも、美容師にファッションセンスは欠かせません。
今回は、美容師を目指している人、すでに美容師として活躍している人のために、コーディネートのコツなどをご紹介します。


美容部員に応募する際の志望動機の書き方

美容部員とは、百貨店や化粧品専門店、ドラッグストアなどで、お客様の肌の悩みや化粧に関する要望にアドバイスしたり、化粧品を販売したりするスタッフのことです。
経験者でも未経験者でも目指すことができますが、そのためには美容部員の採用試験に合格する必要があります。
では、書類選考や面接でどのような志望動機を提示すれば、採用担当者の心に響くのでしょうか。
今回は、美容部員の求人に応募する際の志望動機について、気をつけるポイントと例文を経験者・未経験者向けにそれぞれご紹介します。



美容師になるには?

美容師になるためには、美容師免許の国家資格を取得する必要があります。
では、免許を取得するためには、どのような準備をすれば良いのかご存じでしょうか。
まず、国家試験を受験するためには、美容師の専門学校に通って必要な知識や技術を身に付けます。専門学校の種類は多岐にわたり、通学して学ぶ昼間課程をはじめ、働きながら勉強する夜間課程や通信課程があり、自分のスタイルや学びたい知識によって学校を選ぶことができます。
今回は美容師に興味がある人向けに、美容師免許取得までの道のりをご紹介します。


美容室経営「成功の法則」と失敗パターン

コンビニ以上に競争が激しいといわれる美容室業界で、経営に成功するためにはどうすれば良いのでしょうか。
独立を視野に入れている美容師の人を対象に、経営に成功する美容室と失敗する美容室の特徴を挙げ、独立に必要な準備には何があるのか、お伝えします。


美容室の効果的な集客方法とは?

インターネットやSNSを活用した、美容室の効果的な集客方法についてご紹介します。


美容師のアシスタントとは?

美容師でスタイリストを目指す第一歩、それがアシスタントです。
下積み期間と言えるアシスタントの仕事は、先輩スタイリストのサポート業務から雑務まで多岐にわたっています。
ここでは、美容師のアシスタントがどんな仕事をしているのか気になっている人のために、仕事内容や待遇、直面しやすい悩みなどをご紹介します。
スタイリストになる上で欠かせないポイントにも触れるので、ぜひチェックしてください。


・バックナンバーはこちら




    Twitter    Facebookでシェアする    LINEで送る